C.A.T(ココナッツオイル&亜麻仁油&茶実油)

24

C.A.T(ココナッツオイル&亜麻仁油&茶実油)

(24)

オーガニック「ココナッツオイル」、「亜麻仁油」、「茶実油」がバランス良く配合された健康サプリメントです!

TVで話題、世界が認めたバージン・ココナッツオイル!!

TBS「世界ふしぎ発見!」にて【最新ダイエット術】・【認知症に効果的】としてココナッツオイルが紹介されました!

★【中鎖脂肪酸】~ココナッツオイルの効能・効果!   

※豆知識:中鎖脂肪酸とは?

脂肪酸の分子が鎖のようにつながっています。その結ぶ鎖の「長さ」によって短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸の3っに分類されます。一般的な油は、長鎖脂肪酸から構成していますが、ココナッツオイルに多く含まれる中鎖脂肪酸は、鎖の長さがその約半分の脂肪酸です。中鎖脂肪酸の主な働きは、エネルギーを生成することであり、脂肪酸の中で最も脂肪になりにくく、体内に余分なエネルギーを溜め込まないことが研究により明らかになっています。「長鎖脂肪酸」の代表的な脂肪酸には、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸などがあります。
「中鎖脂肪酸」の代表的な脂肪酸には、ラウリン酸やカプリル酸、カプリン酸があります。

①認知症・アルツハイマーの予防・改善!

米国のニューポート医師が「ココナッツオイル」がアルツハイマー病に有効であると発表して話題になっております。アクセラ社が中鎖脂肪酸を原料とする新薬を治療薬に申請をしていることを知り、ニューポート医師が中鎖脂肪酸が「ココナッツオイル」に多く含まれていることを突き止め、患者さんに「ココナッツオイル」を摂らせたところ改善が見られたということです。中鎖脂肪酸は肝臓で「ケトン体」という物質に分解され、この「ケトン体」が認知症を改善していたということでした。

②ダイエットに!

肥満の原因の一つは、腸から栄養分が吸収されず、食べ物や毒素が小腸内の絨毛に付着し、腸内に宿便がたまるのが原因です。ココナッツオイルはその腸絨毛に浸透し、その汚れや化合物を除去してくれます。すると腸絨毛が小腸の働きを活発にし、基礎代謝量を上昇させます。 また、ココナッツオイルは自然界の中で「中鎖脂肪酸」を最も多く含んでいます。中鎖脂肪酸は、肝臓へ通じる門脈を経て、直接肝臓に運ばれ、効率よく分解されてエネルギーへと変換されます。そのため、長鎖脂肪酸と比較すると10倍ものスピードで分解・燃焼します。だから脂肪になりにくい!この燃焼効果と抗肥満作用が働く成分の「中鎖脂肪酸」がダイエットに効果のあるココナッツオイルの秘密なのです。

③コレステロール値を下げる!

④糖尿病の予防・改善に!心臓血管疾患のリスクを減らす!

⑤便秘に効果的!

⑥免疫力を高める!

⑦甲状腺機能低下の改善!代謝アップ!

⑧サビない体へ!

体内の各組織には活性酸素を消去する酵素が存在します。この酵素の働きを活性化するのがココナッツオイル(ケトン体)です。その上、ココナッツオイルには、天然のビタミンEが豊富に含まれています。このビタミンEには,抗酸化作用があることはよく知られています。

★★メンタルケアや認知症予防に亜麻仁油!    Cat02

亜麻仁油の効果・効能:コレステロール「0」の亜麻仁油には、αーリノレン酸が豊富に含まれています。このαーリノレン酸成分の様々な健康効果が注目されています。

①植物エストロゲン作用・精神を安定させる!

②認知症の予防に役立つ!亜麻仁油を摂ることが、加齢とともに低下する即時記憶や注意(集中力)の改善に有効と言われる理由です。

③アレルギー症状を緩和する効果!

④血流の流れを改善する効果!

★★★古来より皇帝と皇族だけが使える茶実油!!  Cat03

茶油とも呼ばれて、お茶の種子から絞った油です。健康的な栄養成分が豊富に含まれていると言われています。

茶油には、オレイン酸やリノール酸が多く含まれているという特徴があります。オレイン酸はコレステロールを下げる働きがあります。しかも、体内の善玉コレステロールを減らすことなく、悪玉コレステロールだけを減らす働きがあるので、動脈硬化や心筋梗塞、ガン予防などに効果を発揮します。

更に、茶油には、一般の油以上にビタミンEが多く含まれていると言われています。ビタミンEは、抗酸化作用やリラックスさせる効果、肩こり・腰痛などにも効果があるそうです。

【主原料】:バージン・ココナッツオイル、亜麻仁油、茶実油

【内容量】:250mg×90粒

【お召し上がり方】:栄養補助食品として1日3~6粒を目安に水またはぬるま湯などと一緒にお召し上がり下さい。

 

C.A.T(ココナッツオイル&亜麻仁油&茶実油)
在庫状態 : 在庫有り
¥12,960(税込)
数量